商品詳細

【箱付】バカラ製 ゲラン・ミツコの香水瓶


 フランス、Guerlain(ゲラン社)の『Mitsouko/ミツコ』の香水瓶になります。

名前の由来は1909年に出版された小説『ラ・バタイユ=戦闘』のヒロイン、ミツコから。

舞台は1905年の日露戦争。年の離れた日本海軍大将の夫を持つ若く美しいミツコは、

明るくはつらつな若い英国海軍士官と恋に落ちるも、不倫という関係の為突き進む事を良しとしない。。。

3代目調香師ジャック・ゲランは、そんな奥ゆかしくも強い意志を持つ日本人女性ミツコをイメージして生み出しました。

 

 1919年に発売され、4社程のグラスメーカーがボトルを製造しておりました。 その1つがバカラ社になります。

デザイナーはバカラの名工ジョルジュ・シュヴァリエ。 当時流行したアールヌーボーな意匠が時代を反映しており逆ハートストッパーと呼ばれる栓が特徴です。 

1936年からバカラの商標が紙ラベルからエッチングに変更されたので、それ以降に製造された物と判別できます。 ゲランのステッカーの下にバカラのマークが隠れています。 正面から見ると分かります。

 

Guerlainについてブログで紹介しております↓

http://ameblo.jp/anticarize/entry-11187075077.html

下記はミツコについて↓ 興味のある方は下記よりお立ちより下さい。

http://ameblo.jp/anticarize/entry-12006945125.html


バカラのエッチングの他に『BOTTLE MADE IN FRANCE』 『GUERLAIN』 『PARIS  FRANCE』のエッチングが施されております。大変重厚感がある商品になります。

ボトルは 経年による小さな傷、口部に若干のカケがございますが大きなダメージはございません。

ここまでの状態の商品はなかなか出会う事は出来ないでしょう。 箱は経年の為, 擦れは剥げ、内部にシミがございます。

 

【ボトル:材質】ガラス

【サイズ】D3.8p x W5.8cm x H10.5cm(栓部含む) 重さ=227g ※最長部測定

【年代・場所】1936年〜1940代頃、フランス・パリ

 

【箱:材質】紙

【サイズ】L12.2p x W7.7cm x H4.7cm(栓部含む) 重さ=91g ※最長部測定

【年代・場所】1936年〜1940代頃、フランス・パリ

 

 


画像クリックで箱内部の状態が確認できます

画像クリックでラベルの状態が確認できます


商品名 【箱付】バカラ製 ゲラン・ミツコの香水瓶
販売価格 22,800円

数量:

他のアングルからの写真をご希望であれば、上記、お問い合わせよりご連絡願います。写真を添付の上、返信させて頂きます。

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜